お湯がでにゃい!!!

今日は人生初の出来事が起こりました。
そう、突然お湯がでなくなったんです!

朝一番にぴーちゃんのご飯のお皿を洗おうと蛇口をひねっても
いつまでたっても水のまま。

これはおかしいと思いって給湯器の操作パネルを見ると
液晶画面が消えているではないですか

えーーーーーーっ。
もしやガスが止まってる?!
止められている?!

いや、ガス代はちゃんと支払ってるよ、私。

cat-179842_640

よし、ともかく大阪ガスに聞いてみよう!

ということで、電話してみると丁寧にガスの復旧方法を
教えてくれました。
言われるままに操作を行い、いざコンロの火をつけてみると
つくではないですか~

よかった!これでお湯がでる!

早速蛇口をひねってみると

・・・水しかでない。

電話口のお姉さんに状況を伝えると、
「それはガスではなく給湯器の問題なので、
マンションの管理会社に連絡をとってください。」と
あっさりと言われてしまいました

確かに。
早合点してお姉さんに「ガスがでない」と伝えたのが間違いで、
電話する前にガスコンロを試してみるべきでした。

お湯がでない=ガスが止まっている
ということではないのですね

考えて見ればもっともなことですが、
お湯がでないという初めての経験+起き抜けのぼーっとした
頭では機転がききませんでした。

修理の人を呼ぶとなるといろいろ面倒だなーと思って、
とりあえず「お湯 でない 給湯器」でググってみると
いろんな人が対処法をアップしていました。

便利な時代ですね

私の場合は、このような現象です。
・ガスは止まっていない
・水はでる
・すべての蛇口でお湯がでない
・給湯器操作パネルの電源が入らない

そしてコレの対処法に、
給湯器のコンセントを抜き差ししてみる」というのがあったので
早速実践してみました。

電源コンセントは抜いてから30分以上経過してから再度差す必要が
あるらしいので、注意が必要です。

そして、コンセントを入れた後に操作パネルの電源スイッチをON!

・・・無反応。

あれっ?!
ダメか...。

次に試したのは、ブレーカーのOFF/ON

期待をこめて再度操作パネルの電源スイッチをON!

・・・ ・・・やはり無反応。

あーーー、やっぱり修理の人を呼ぶしかないのか。

直るまでは銭湯に行かなきゃいけないのかしら。

近所の銭湯調べなきゃなー。

などと諦めムードになっていた時に
ふとひらめきました!

ん?
そういえば給湯はお風呂優先の設定にしていたよな。

ダメもとでお風呂場の給湯器パネルの電源いれてみよう。

電源スイッチON!

ピカツ

おぉーーーーーっ!!
お湯ランプ点灯したーーーーー!!

ということで、修理の人を呼ぶ前に無事解決できて
ホントによかったです

今回の件を通じて、インターネットは本当に便利なものだなということと、
有益な情報を発信していくことは誰かのためになり、
とっても重要なことなんだなということを改めて感じました。

ミャゴラーレのサイトも、どこかで困っている人のお役にたてるような
サイトに育てていきたいと思った一日でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です